七五三の写真撮影を行うスタジオ選びとサービスについて

スタッフの対応

スタジオ写真の思い出といって思い出されるのが、自分自身が子供のときの七五三の時の写真です。
子供にとってスタジオでの写真はとても緊張するものでした。
大きなカメラに、照明、いつもとは違う雰囲気を感じたことを思いだされます。
緊張する中の撮影はやはりスムーズに行われず、何度も「もう少し笑って」と言われたのでした。
あれから数十年がたち、スタジオでの写真も慣れてきました。
そんな中今度は自分の子供の撮影がありました。
やはり子も緊張してしまい、うまく笑えないようでした。
しかし今は昔とは違い、スタジオも明るい雰囲気の中で子の好きな音楽やキャラクターを見せてきてはリラックスして撮影できるようになっていました。
けれども最初の方に見せた緊張の面持ちは昔の自分を見ているようでした。

スタジオでの撮影はやはり今後もなくてはならないものだと思います。
なぜなら晴れの姿をいつもとは違うところで撮影しようという気持ちはいつになってもなくならないからです。
そして親は子にいい写真を残していこうと思うからです。
この気持ちがある限りスタジオでの撮影は健在するのです。
しかし今と昔のスタジオの雰囲気が違うように今後はスタジオももっと変わっていくことでしょう。
以前より自然な雰囲気を残すためにあえて家庭のようなスタジオが今後もどんどん増えていくと思われます。
また人々が好きであるキャラクターを前面に押した、非現実的な雰囲気のスタジオも増えていくのではないでしょうか。
これからも良いところを残しつつ、更に素晴らしいスタジオ写真撮影になっていくのです。